スーパーサイヤジジィ勘吉

2016年9月21日 (水)

Dear.勘吉さま

勘ちゃん、今日はいい天気だね。
お散歩するには気持ちいい日だよ。


Imgp0053


お空の上はどうですか?
きららたちとぱたぱたと走り回ってる?
まったりお昼寝してる?


Dsc_0074


17才のお誕生日。
勘ちゃんいなくなって2回目のお誕生日だね。
今日は蔵之介と2人でお祝いするよ。
まーしーも兄貴ちゃんも遠い空の下で勘ちゃんのこと思ってるよ。


Imgp0036


また勘ちゃんときららとお散歩したい。
また勘ちゃんときららとまったりお昼寝したい。

抱きしめたい。

勘吉~~~会いたいよ~~~。゜゜(´□`。)°゜。

| | コメント (0)

2015年9月25日 (金)

勘吉と兄貴とオトメンと

シルバーウィーク真っ只中の9月21日・・・勘吉じーさんのお誕生日。
生きていれば16才。
とっても気持ちのいい晴れの青空。

Dsc_0130


勘ちゃん、元気ですか?
お空の生活は快適ですか?
兄貴が帰ってきてたから一緒にお誕生日をお祝いしました。
まーしーは相変わらず帰ってきません(--;
でも勘ちゃんはまーしーのところにもいつでも行けますね。
オトメンくらやんは毎日一人のお留守番は淋しそうです。
そして母ちゃんも勘ちゃんに会いたいです。
勘ちゃんのいない毎日は淋しいです。


Cimg0433


勘ちゃん・・・めんこい勘ちゃん・・・おめでとう・・・また会いたい・・・


兄貴が帰ってきたよ。まーしーは相変わらず音沙汰ないよ・・・
今回はおちえさんが兄貴を迎えに一緒に盛岡駅まで来てくれた。
三人でお買い物したりご飯を食べたり、おちえさんのおかげで楽しい1日だった。
次の日は兄貴と2人でシートピアなあどのsea級グルメへ。
駐車場も混んでいるだろうと久しぶりに2人でシャトルバスで会場へ。
食べました。飲みました(笑)
夜は兄貴はお友達とお祭りへ・・・

Dsc_0466


三日目は久しぶりの龍泉洞へ誘ってみたら行きたい!と言ってくれたので2人で龍泉洞へドライブ~。
途中、海がきれいに見えるところでちょいっと休憩。


Dsc_0476


Origa


Dsc_0486a


何年振りかの龍泉洞・・・神秘的で怖いほど・・・オススメです!

龍泉洞のあとはみやごに戻って地元のラーメン屋さんでラーメン食べて、道の駅でドーナツ買って、最後の夜は二人でゆっくり録画してた韓流ドラマ(^^;

楽しかった兄貴との連休も終わり、22日は盛岡駅へ・・・PM5:15発はやぶさをお見送り。
何度経験してもホームで見送るときは淋しくて めっつる 出そうになる。
けど、ここで泣いたらガラスのハートの兄貴まで泣いてしまうと思って毎回耐える(^^;
いつまでも兄貴が心配でめんこくてできることなら手放したくはないと・・・

家に帰ってきたらご飯作ってあげるね♪って言ってたくせに一度も作らず、相変わらず「カフェオレ飲みたい~。ピザ食べたーい♪」と母ちゃんを容赦なくこきつかう(--;
それも、安心して甘えられるのはここだけと思っているんだろ~な~、日々ガラスのハートはめっつるこらえて頑張ってるんだろうな~と思うと、相変わらず甘々になる母ちゃん。
それでもまた帰ってくるのを待っているよ。

連休の間、アレルギーのお薬を飲みながらオトメンをちょきんちょきんといじり倒して行ったのは言うまでもない(笑)
おちえさんにもたくさんよくしてもらってお世話になりました・・・

アイツは相変わらず返事もなく・・・ライブで忙しいんでしょうね(--;

| | コメント (0)

2015年9月 3日 (木)

6ヶ月

愛しいタルッ腹勘吉じーさんがいなくなって6ヶ月が過ぎた・・・

もう6ヶ月も過ぎたんだ。
何をして過ごしてきたっけ・・・
ただぼんやりと過ごしていたような気がする。


Img00743_r_3_3


こうして見るとほにほにめんこいな~・・・

ただただ、日々、毎日めんこいと思って一緒にいた日がよみがえる。


Dsc_0143


先日、兄貴とLINEで話したとき・・・

母「いっぱい食べろ~ってじーさんが言ってるよ」

兄「あんな腹にはなりたくない」(笑)

母「今は、いつでもご飯食べてるまーしーの足元にスタンバってるだろうね」

兄「いつまでも覚えてるっけね~」

って思い出話。

まーしーが小学生の頃、みんなでご飯を食べていると、必ずテーブルの下でまーしーの足元にスタンバってた。
そこはあらフシギ、上からご飯が降ってくる・・・勘吉じーさんにとってパラダイスな場所♪

それを覚えていて、まーしーが帰ってくると必ずまーしーの足元か隣に張り付いていた。
小学生の頃よりはマシになったけど、必ずご飯こぼすんだ・・・まーしー・・・

今もまーしーの足元にいるんだろうな(^^


Dsc_0426a


かなりふぬけになった母ちゃんのそばに今はオトメンがいる。

「目指せ勘吉じじぃ!」とでも思ってるようなオトメンが・・・
姿ばかりではなく、種を超えて行動も同じようなことをして・・・

まだまだ心にはタルッ腹が収まるほどの大きな穴がぽっかり開いているけれど、オトメンがいるから前を向いて笑っていこうと思っている。

・・・たまにこうして泣き言を言いながらだけど・・・

勘ちゃん・・・最期になにもしてあげられなかったけど、まだまだ めっつる 出ることもあるけど、どうか見ていてちょうだいね。
勘ちゃん・・・大好きだよ。

| | コメント (0)

2015年5月18日 (月)

感覚

桜の時期を過ぎ、風の冷たい日や暑いくらいの日も、晴天の日もただなんとなく過ごしている。
そんな過ごし方、もったいないと思いながらも勘吉がいなくなってますますメリハリのない生活・・・

仕事には行っている。
行けばウザい上司がいるものの、ほかの社員のみなさんには良くしてもらいまぁまぁやっている。

こんな抜け殻みたいな毎日を過ごしてたら勘吉に叱られる・・・と思わなくもない・・・
勘吉の火葬に出かけたとき、勘吉の誕生日と同じナンバーの車がずっと前を走ってた。
それは誰かが言ってくれたように、まるで「オラがずっと道しるべになってっからね~」って言ってくれていると感じて めっつる がでた。
あの時は、勘吉の指定席、助手席に横たわっていたし・・・


Dsc_0076


そして最近は、そのナンバーをしょっちゅう見掛けるようになった。
それはまるで勘吉が「いっつもそばにいるよ。それを忘れたらなんね~よ」って言って、見守ってくれているように感じて仕方がない。
ふぬけても抜け殻になってダメダメな母ちゃんなのに、叱るどころか生前の勘吉のまま、優しくあったかくそばに寄り添ってくれているように感じた・・・

きらちゃんは最後まで末っ子の甘えん坊だったけど、やっぱり勘吉は未だに母ちゃんの保護者の感覚。
きらちゃんはあの世でキャッホーイ!と遊びまわっているイメージだけど、勘吉はとことこマイペースでにおいをかぎながらお散歩してて、それでも忘れずに母ちゃんのそばに来てくれる感覚・・・

勘吉・・・母ちゃん、淋しいけどいつも勘吉がそばにいてくれるような優しい空気とかほっとする感じとか・・・なんとなく感じる気がするよ・・・

けどね・・・またお日様のにおいのする勘吉の背中に顔をうずめたい・・・ほんとにほっとしたんだよ。

おっさんは、「目指せ勘吉じじぃ!」とでも思っているのか、体重7.3kgになったんだ(^^;
勘吉がいなくてやっぱり淋しいのかもしれないよ。ますますべったりの甘ったれになったよ・・・おっさんなのに(^^;おかげでまぎれているけどね。


Dsc_0310


勘吉・・・あの世に逝ってまでお願いするのも申し訳ないけど、もう少し母ちゃんのそばにいてちょうだい・・・
いつまでも勘吉を頼ってばっかりのダメ母ちゃんだね・・・


Dsc_0074

会いたいよ・・・

| | コメント (0)

2015年3月30日 (月)

1人でお散歩

桜はまだだけど、春の気配がしてきた。
日曜日も穏やかな日だったから、サファリパークに勘吉の散骨に行ってきた。

火葬のとき、拾いきれなかった小さな細かい骨を残らずもらってきておいたものを散骨する。
散骨しようと袋の中から少しずつ骨を手に取ると、歯だとわかるものが数個。それは持ち帰り、それ以外を撒きながら久しぶりにサファリパークをぐるっと歩いてきた。


Dsc_0202


ここに座って、みんなが遊ぶのを眺めていた。
そんなときも勘吉は、母ちゃんが座るとすぐに膝に飛び乗ってきて抱っこだった。
抱っこされてまったりしている勘吉の安心感が伝わってきて嬉しかった。まったりしている勘吉のお日様の匂いのする背中が大好きだった。背中に顔をうずめていると、母ちゃんもすごく安心した。


Dsc_0203


この道をずーっとずーっと奥まで歩いた。
老木組合のみんなで歩いた。
まーしー、兄貴と勘吉ときららと歩いた。


Dsc_0204


この木は、よく兄貴やまーしーが登っていた。
勘吉は登った兄貴に抱っこされていた・・・おとなしく抱っこされて気持ちよさそうに鼻をひくひくさせていたっけ。


Dsc_0205


ここに大中小並べて記念撮影・・・


Dsc_0208


1人で歩くサファリパークはとっても静か・・・


けど、勘吉はみんなとまたここで走り回って遊んでいるんだね。
もう、がんも心臓の病気からも解放されて、昔のようにぱたぱたと走り回り、もりもり食べているんだね・・・


Imgp0025a


こんなにステキな写真をたくさん撮ってもらった・・・
勘吉ももう、思い出になっていくんだね・・・キラキラした思い出だけなのに、今はまだ、思い出すと胸がぎゅーっとなって切ない・・・


Dsc_0218


おっさんが待っているから帰ろう・・・

| | コメント (0)

2015年3月27日 (金)

いないんだ

あれから毎日、朝晩、勘吉にドッグフードとお水、お線香3本を供えている。
でも、なんだか違和感というか……ずっと手作りご飯食べさせていたのにドッグフードだけって……かと言って、食べてくれる人もいないのに作る気にもならず。
ドッグフードは飲み物ですよっていうほどだったのに、出しても出しても減らないドッグフード。
その代わり、お菓子や母ちゃんのおかずを供えてみたり…もう、なんでもいいもんね。

なんだか淡々と日常を生きていると思っていたけど、この前、自分のご飯作るために久々にフードプロセッサー使ったら めっつる ダーダー(T_T)
じじぃになって、歯がグラグラになった勘吉のために、フードプロセッサー買って以来の毎日大活躍期だったからなー。
やっぱり心にぽっかりでっかい穴が空いているのかなー。

勘吉と最後のドライブの時、ずーっと前を走ってた車のナンバーが ・921………勘吉の誕生日と同じだった。
偶然だろうけど、偶然で片付けられない。
誰かが、そうやって、「大丈夫、オラがずっと道しるべになってるからな」って言ってるんだって言ってくれた。
そうかもしれない。なのに、まだ前を向けない。

最近のくらやんは、前にも増して母ちゃんにべったり。
ベタベタに甘えられることが慰めになっている。
くらやん、勘吉が具合い悪いとき、発作を起こした時、いつも静かにおりこうにしててくれた。くらやんなりにガマンしてたのかもしれない。
だから今、思いっきり甘え放題がお互いのためになっている気がする。

飼いきった!とは思うけど、勘吉のいない毎日はただただ色もなく過ぎていく感じ。


Dsc_0197


体重測った最後の日。


Dsc_0135


Dsc_0138


気分転換にお外に出した最後の日。

まだまだ大丈夫って思ってた。

勘吉、ホントにいないんだなー……いないっていう違和感にそう自分で自分に確かめるような毎日。
毎日めんこい、日々めんこい…から、毎日いないになったんだ。


Imgp0033z


| | コメント (0)

2015年3月 9日 (月)

愛しい好々爺

3月5日朝・・・


Dsc_0187_2


くらやん、ちゃんとご挨拶しなよ・・・最後まで穏やかでタルっ腹でマイペースなすげーじじぃだったべ・・・勘吉だったからくらやんも怖い思いもせず、すぐに家に馴染めたべ・・・
勘吉のご飯をのぞき込んで叱られたこともあったけど、勘吉も吠えるだけ、くらやんは目をまん丸くしてびっくりしてるだけだったから、母ちゃん、教育的指導だと思ったし、おかしかったし安心して見ていられた。

勘吉と最後のドライブに行ってくるからお留守番頼んだよ。

10年以上通ったサファリパークへ・・・勘ちゃん、ここでいっぱい遊んでいっぱい走ったね。
ボールを追いかけて走る勘吉、ボビー親分ときららのプロレスの周りを吠えながら走りまわる勘吉・・・雪の日は、「オラ歩かねー。抱っこしてけろ」って言う勘吉を抱っこして、雪の中えっちらおっちら歩いて・・・「これじゃ誰の散歩かわかんない!」って思ったっけ。


Imgp0033z_2


勘吉じーさん、最後の2日だけ食べられなくなって逝っちゃったと思ってたけど、冷静に考えてみたら1日半食べられなくなっただけだった・・・
「食えなくなったこの世に未練は ねー(ない)!」って思ったんだろうな。

おらほ~(我が家)の子たちは、ほにほに最後まで手を煩わせることもなく逝ってしまう・・・最後までそんなにおりこうでなくてもいいのに・・・


Dsc_0135


Dsc_0140


3月1日午前中・・・ちょっとあったかかったから、気分転換にちょこっとお外へ・・・いつものように鼻をひくひく動かしていた・・・勘ちゃん、春のにおいがするかい?疲れないかい?


Dsc_0194


お帰り勘吉・・・ドッグフードとおやつ持たせたけど、足りなかったべな~・・・みんなと分けてねって言ってやったけど、あれじゃ~「がるるるぅ」って一人で食ってんだべな~(--;
8kg全部持たせてあげればいがったな~・・・

きらちゃん、お迎えに来てくれた?
三途リバーではばしゃばしゃ遊ばないで、勘ちゃんが渡れるように静かに案内してね・・・母ちゃん、それが心配・・・

火葬した帰りにそのままO動物病院へご挨拶。
お坊ちゃん先生は、がんを乗り越えたことはすごいことでした。最後まで食べてよくがんばったと思いますっておっしゃってくれた。

お悔みに来てくれたママさんは、勘ちゃんの背中には真っ白なふわふわした、小さい羽根が見えるよって言ってくれた・・・確かに、小さな羽根を必死にぱたぱたさせてお空に走ってく姿が目に浮かぶよ。

Imgp0042_2


Imgp0038


もう、ご飯とお薬用意しなくていいんだ・・・お昼休みに帰ってきてもお薬用意しなくていいんだ・・・ペットシーツ取り替えなくていいんだ・・・母ちゃん、時間を持て余してるよ・・・あちこちの勘吉の生きた証を目にするたびに めっつる 出るよ・・・

けど・・・勘ちゃん、長い間一緒にいてくれてありがとう。
支えてくれてありがとう。
勘ちゃんがいないことに慣れるにはまだまだ時間がかかるけど、くらやんがいるからがんばるよ。

勘ちゃんは母ちゃんとまーしーと兄貴のこと見ててくれるかな・・・まーしーと兄貴のとこにもとことこ遊びに行ってるかな・・・
お供え物しだいだな~って思ってるかな・・・


Imgp0036


食欲一直線の15才5ヶ月・・・お見事でした!ありがとう。

ありがとう・・・


Imgp0001a


淋しいけど・・・カリスマヨシダに「好々爺」って言ってもらったこと、母ちゃんの誇りだよ。

そして、母ちゃん、淋しいけど、もっともっとやってあげられることはあったかもしれないけど、勘吉ときららを見送って言えることは・・・


飼いきった!!





でもな~・・・やっぱり勘吉、いないんだな~・・・いないんだ・・・

たくさんのめんこい写真を撮ってくれたケン平井先生、ありがとうございます。
使用させていただきましたm(__)m

| | コメント (0)

2015年3月 3日 (火)

15の春

今日午前11時過ぎ、めんこいめんこい勘吉じじぃ、お空に逝きました。
おひな祭り、絶対忘れさせないようにそんな日を選んで逝ったのか、おひな祭りだよ~!てきらちゃんが誘いに来たのかな……なんて思ったりしています。

まだ勘吉は隣で寝ているから、実感がありません。
勘吉は不死身のスーパーサイヤじじぃだから、逝くなんてありえないと思っている、受け入れられないのでしょう。
母ちゃんの保護者がいなくなったら、母ちゃん、どうしたらいいべ?

まーしーには、知らせました。
勘吉が一番好きなのはまーしー、まーしーが一番好きなのは勘吉だから。
そっか。 言ってくれてどーもね!って返事がありました。
兄貴には仕事が終わった頃に知らせようと思います。
今知らせたら、泣いちゃって午後の仕事にならないだろうから。

生前の勘吉と遊んでくれたりめんこがってくださった皆さま、本当にありがとうございました。
じじぃのくせに、赤ちゃんのようにめんこい顔で寝ています。
皆さまのおかげで楽しく過ごせました。
きららと同じところで、5日に火葬してきます。

15才5ヶ月でした。

| | コメント (10)

2015年3月 2日 (月)

最大限に恩返しのとき

勘吉、昨日はお肉食べてくれたのに今日はお肉もスープも受け付けない。
タール便ばかり。水も自分が飲みたい時だけ口をつける。

寒い部屋にばかり行きたがる。
トイレに行ってはその場で寝てしまう。

何もできないし、仕方ないと思いながら、お坊ちゃん先生に電話した。
腎臓も肝臓も弱ってきているんだろう、診てあげられないからそれ以上はなんとも言えないと。
そのまま見守ってもいいけど、あまり苦しそうなら、苦しさを和らげるだけの点滴をしてもらうようにと。
具合が悪いと冷たいとこに行きたがるけど、寒いと体力を消耗するから、あったかくしてあげるようにと。
それだけを聞いただけでもありがたかった。
寒い方が楽なのか?部屋に連れてきて毛布をかけてやったほうがいいのか、そんなことで困っていたから。
恩返しと言っても、結局はそんなことしかできない。

まーしーと兄貴にはには勘吉のめんこい顔の写メを送った。
けど、まーしーには、食えなくなった。帰ってこいよーーー(T_T)って言ってしまった。まーしー、ごめんよ。

一人で看ているつもりになってたけど、ポン友や、会社のおっさんが連絡をくれる。ちゃんと食ってるのか?困ったらすぐに連絡しろと……ありがたい。

ありがとう。

夕べは、ガツガツ食べていた勘吉の食べなくなった姿に、勘吉がいなくなったらと考えてしまって めっつるダラダラしてしまった。
なにも食べない勘吉を見て、昨日から母ちゃんだけが食べることにすごく罪悪感があってまともに食べることができない。

だけど、勘吉はまだここにいる。

ちゃんと食べて、最大限に最上級の出来る限りの恩返しを今しなくては。
あったかくしてあげるだけ、そばにいてあげるだけ。それだけだけど、それをすること。
いや、させてもらってる。させてもらえる幸せだね。

勘吉、めんこいな~♪やっぱり勘吉はめんこいな~。

| | コメント (0)

2015年2月24日 (火)

今を生きてるんだ生きるんだ

19日深夜、久しぶりに勘吉が発作・・・
今回の発作は今までより長かった・・・お坊ちゃん先生の「発作を起こせばそのまま・・・ということもある」って言葉が頭をよぎり不安でしかたなかった。
その不安をまぎらわすように、背中をたたきながら何度も「勘吉~!勘吉~!」って呼んでいた。

発作は長かったけど、正気に戻るのは早くて、いつまでもうろうろすることはなかった。
というか、もう足腰に力が入らないからうろうろもできないっぽい。
そのほうが見ている方はある意味安心だけど・・・


Dsc_0109


日中は落ち着いていたけど、20日夜は、何度も何度も起きてうんち・・・
ずっと整腸剤は朝晩飲ませているからお腹の調子も良かったのに・・・整腸剤のおかげで下痢ではないけど、やっぱりうんちの回数、多くなってきた。
水を飲む量もおしっこの回数も多くなってきた。
体重は8.7kg……食べているのに、今月頭より500g減った。
栄養吸収力が弱ってきた。だからうんちの回数も増えるんだ・・・
寝ている時に呼吸数測ったら、51回/分…成犬の正常数は10~30回/分。
呼吸も浅く早い。
すべてお坊ちゃん先生に言われていた通りの症状。
もう、とにかくお薬を飲ませること、なるべく寒くないようにすることそれしかできない。あとは、日々、めんこいめんこいと撫でてやること。美味しいご飯を作ること。泣かないこと。
まだ、スーパーサイヤじじぃは食ってヨロヨロでも歩き回って生きてるんだから!

けど、足腰、かなり弱ってるし、来月、診察に連れて行っていいものかどうか・・・診てもらいたいのはやまやまだけど悩むな~・・・体重と呼吸数は測ったし、脈拍も測ってみて、1度お坊ちゃん先生に電話してみるかなー。


Dsc_0121_2


こんな状況の勘吉を見たある人に「かわいそうに」って言われた。
その人は、普通に素直な感想を見たままに言っただけだと思うけど、その時母ちゃんは、かわいそうじゃないよって思った。悪気もなく言ったのがわかるから、なにも言わなかったけど。
そのことを ポン友(親友)とLINEで話した。
そしたら、ポン友は、自分も何気なく言いそうだけど、こうして書いてると、かわいそうってビミョーにひどい言葉な気がしてきたって言ってた。
これからは、大変だねー(犬に対して)って言うかなってポン友 は言ってたけど、勘吉に限って言えば、本人、大変とも思ってないから、それも違う(笑)


Dsc_0120_4


勘吉に対しても母ちゃんに対しても、かわいそうも大変だねも違うし、がんばってるねも偉いねでもないし。めんこいなでもないべしなー(笑)
勘吉、すげーな!は、ポン友にしたら、「普通なら死んでるよね」って受け取れなくもないからビミョーだと……(^ω^;)

勘吉と母ちゃんとずっと付き合ってもらってるポン友となら、どんな言葉でもいいんだろうけど、なにも知らない人からは、なんて言われても、あなたになにがわかる?と思ってしまうんだなー。そんなこと、仕方ないことなんだから、そのまま受け止めればいいんだな。
結局、なんて言葉をかけてもらえばしっくりくるかはわからない。特にいらないってことか(^ω^;)
なら、母ちゃんが言葉をかけるなら、なんてかけたらいいんだろう。

かわいそう、大変だね、偉いね、がんばってるね……そんな言葉をかけて欲しい人もいれば、欲しくない人もいるんだろうから、人それぞれか……

ポン友とのLINEから、そんなことを考えてた。


Dsc_0116_2


やっぱり、勘吉は今を生きてるスーパーサイヤじじぃだね………これかなー?(笑)


Dsc_0123_2


・・・と、つらつらとお布団の中で考えてたら、おっさんお布団抜け出し、「猫の島」ガン見・・・近いって!
寝るっつってんのにあちこちのドア開けっぱ、やめてくれって!

・・・こんなおっさんだけど、勘吉の発作のときも、勘吉がいつまでもうろうろしてるときも、静かに見守っていてくれるから、母ちゃん不安な中にも一人じゃないって思えるよ・・・

勘吉も蔵之介もほにほにめんこいな~・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧